1. ホーム
  2. >
  3. サービス
制作までの流れ
ホームページのデザインでお悩みの方は
お客様のサービスに沿ったデザインをテンプレートの中からお選びいただきます。
ホームページのデザインにしっかりとしたイメージのある方は
お客様のご希望のデザインを完全オリジナルで作成いたします。

モバイル機種での検索順位が下がる前にWebサイトのスマホ対応をしましょう!
Googleではレスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

サイトのスマホ対応・非対応

Googleでは、2015年4月21日以降に「スマートフォン対応」
モバイルフレンドリー基準を満たすことが必要になりました。

Googleで実施された検索アルゴニズム変更、(モバイルフレンドリー)ですが、2017年4月~5月に再度実施されることが推測されています。
Googleモバイルフレンドリーアップデートは、
スマートフォンに対応していないホームページの順位を下げる(=対応しているホームページの順位を上げる)アップデートとなります。
順位への影響はモバイルでの検索結果のみで、PCの検索結果には影響がないと言われています。
アップデート対応していないサイトに対してペナルティが課せられることは現時点では無いと考えられます。

Googleモバイルフレンドリーアップデートに関する重要なポイントとは?

Check1  Googleが定める「スマートフォン対応」基準を満たすことが必要です。
Check2  モバイルフレンドリーテストツール等で合格していれば「基準を満たしている」とみなされます。
Check3  基準を満たしたホームページはアップデートで恩恵を受けます。(満たされない場合悪影響があります)

Googleはレスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

従来のスマホ用サイト・レスポンシブデザイン対応のサイト

Googleは「ウェブマスター向けモバイルガイド」の内において、「URLが1つで、ユーザーへの情報共有リンクが簡単」「同じコンテンツの維持管理の手間が省ける」といった理由により、レスポンシブウェブデザインによるサイト・コンテンツ作りを推奨しています。
今後、パソコン向け、モバイル向けサイトを作成する場合や、今回のGoogleモバイルフレンドリー対応の際には、レスポンシブウェブデザインは有力な候補となると言えます。

しかし、実際のウェブサイトにおいてはデザイン上の制約や、PCとスマートフォンで利用されるシーンが異なるホームページの場合(たとえばレジャー施設のサイトをPCで見る場合と、スマートフォンで見る場合のニーズは異なります)、レスポンシブウェブデザインが最適ではないケースもよくあります。
そのような場合は、「パソコン向けのウェブサイトとモバイル向けのウェブサイトを別々に用意する」、「同一内容を表示するページは、それぞれに関連付けを行うタグを記述し、Google にページ間の関連性を解釈させる」といった手法を取ると良いでしょう。

SEO対策について

SEOとは、「検索エンジン最適化」と言って検索サイトが検索結果表示するロジックにあわせて、自身のWebサイトを最適化することです。
どうしてそんなことが必要なのかと言いますと、例えば、宮崎県でラーメン店を営んでいる方のホームページを多くの人に見ていただきたい場合、「宮崎 ラーメン」で検索した時に、「検索結果の上位に表示されているのか」、「300位ぐらいに表示されているのか」によって、見ていただける確率が違ってきます。
当然、前者の方が圧倒的に見てもらえます。
300位だと、ほぼ見てもらえないです。
検索サイトの表示ロジックに合わせて対策を施すことによって検索結果の上位に表示させ、より多くの方にサイトに訪問していただけるようにしよう!ということなのです。

SEO対策は、内部と外部の両面にわかれます。

SEO対策には、大きく分けて2つの領域で行われます。
ひとつは、自身のサイトに施す対策。
これをSEO対策の「内部施策」と呼んだりします。
もうひとつは、自身のサイトではなく、他の方のサイトにご協力をお願いして施す対策。
これをSEO対策の「外部施策」と呼んだりします。

SEOの内部施策について

内部施策では、例えばこんなことが行われます。
お店やメニューの写真をたくさん使って、ラーメン屋さんのホームページを作り、お店の紹介文よりも、画像をたくさん並べて、見た目も華やかなものになったとします。
しかし、
Google や Yahoo! などの検索サイトは、「テキスト」でなければ認識してくれませんので、どんなにお店の紹介文を画像ファイルで見た目を綺麗にしたとしても、残念ながら検索サイトは理解してくれません。
また、テキストの文章だったとしても、その中に
「ラーメン」やそれに関するテキストがなければ、こちらも検索サイトはラーメンと関係があるサイトだとは認識してくれません。
そのため、SEO対策の内部施策では、キーワードがしっかりと入ったテキストの文章をサイトの中に丁寧に埋め込むという作業をすることになります。

SEOの外部施策について

SEO対策の外部施策は、簡単に言うと、「他のサイトからリンクしてもらう」という作業になります。
どうしてこのようなことが行われるかといいますと、これは、検索サイトが検索結果表示するロジックに関係します。
検索サイトが検索結果を表示する際、"多くの人にとって有益な情報" というものを検索結果の上位に表示しようとします。
検索サイトを利用する者にとって、その方がありがたいですから。
"多くの人にとって有益" ということをどのようなロジックで実現しているかと言いますと、「他サイトからどのくらい多くリンクされているか」ということです。
これは、学術論文における、「有益な文献は、その分野の論文を書く際に何度も参考にされる」という参考文献の考え方をもとにしていて、「ある情報についてのページが、他のサイトからたくさんリンクされているとすれば、そのページは多くの人にとって重要な情報が掲載されている」ということです。
ちょうど、それぞれのリンクが投票になるようなのもです。
あるブログから、「宮崎のおすすめおラーメン店はここ」という形で、ラーメン店のホームページにリンクが張られていたとすると、1票入ったというイメージ。

他社からのお乗り換え(移管)について

今現在のサーバーを別サーバーへと移転・移管させる「ホームページの引越し」作業は、わりとよくおこなわれる作業です。
この「WEBサイト移管」をするのには様々な理由がございますが、例えば、「より料金の安いサーバーへ移転させたい」、「制作会社と連絡が取れなくなったのでサーバーも移転させなければならない…」、あるいは「契約プランのサーバーがガタが来ているので強制的に移転する必要がある」、等が挙げられます。

サイト移転・ホームページの移行作業にはいくつか準備・段取りが必要になり、一見難しそうに見えるかと思いますが、Zer0がサポートいたします!

サイト移転のおおまかな流れとしては以下のようになります(
下記は覚える必要はありません、実際はほとんどの事を弊社で行います)。

Step1  新サーバーをレンタル
Step2  新しいサーバーにも同じWEBサイトを作り上げる
Step3  同じメールアドレスを(新しい設定で)追加設定する
Step4  古いサーバーから新しいサーバーへと読込先を変更
Step5  メールを削除、旧サーバー解約

ホームページは格安時代突入

制作までの流れ
ホームページのデザインでお悩みの方は
お客様のサービスに沿ったデザインを
テンプレートの中からお選びいただきます。
ホームページのデザインにしっかりとした
イメージのある方はお客様のご希望のデザインを
完全オリジナルで作成いたします。

モバイル機種での検索順位が下がる前に
Webサイトのスマホ対応をしましょう!
Googleではレスポンシブウェブデザイン対応を
推奨しています。

サイトのスマホ対応・非対応

Googleでは、「スマートフォン対応」
モバイルフレンドリー基準を満たすことが必要になります。

Googleで実施された検索アルゴニズム変更、
(モバイルフレンドリー)ですが、2017年4月~5月に再度実施されることが推測されています。
Googleモバイルフレンドリーアップデートは、
スマートフォンに対応していないホームページの順位を下げる(=対応しているホームページの順位を上げる)アップデートとなります。
順位への影響はモバイルでの検索結果のみで、
PCの検索結果には影響がないと言われています。
アップデート対応していないサイトに対してペナルティが課せられることは現時点では無いと考えられます。

Googleモバイルフレンドリーアップデートに関する重要なポイント

Check1 Googleが定める「スマートフォン対応」基準を満たすことが必要です。
Check2 モバイルフレンドリーテストツール等で合格していれば「基準を満たしている」とみなされます。
Check3 基準を満たしたホームページはアップデートで恩恵を受けます。(満たされない場合悪影響があります)

Googleはレスポンシブデザインを推奨しています。

従来のスマホサイト・レスポンシブデザイン対応のサイト

Googleは「ウェブマスター向けモバイルガイド」の内において、「URLが1つで、ユーザーへの情報共有リンクが簡単」「同じコンテンツの維持管理の手間が省ける」といった理由により、レスポンシブウェブデザインによるサイト・コンテンツ作りを推奨しています。
今後、パソコン向け、モバイル向けサイトを作成する場合や、今回のGoogleモバイルフレンドリー対応の際には、レスポンシブウェブデザインは有力な候補となると言えます。

しかし、実際のウェブサイトにおいてはデザイン上の制約や、PCとスマートフォンで利用されるシーンが異なるホームページの場合(たとえばレジャー施設のサイトをPCで見る場合と、スマートフォンで見る場合のニーズは異なります)、レスポンシブウェブデザインが最適ではないケースもよくあります。
そのような場合は、「パソコン向けのウェブサイトとモバイル向けのウェブサイトを別々に用意する」、「同一内容を表示するページは、それぞれに関連付けを行うタグを記述し、Google にページ間の関連性を解釈させる」といった手法を取ると良いでしょう。

SEO対策について

SEOとは、「検索エンジン最適化」と言って検索サイトが検索結果表示するロジックにあわせて、自身のWebサイトを最適化することです。
どうしてそんなことが必要なのかと言いますと、例えば、宮崎県でラーメン店を営んでいる方のホームページを多くの人に見ていただきたい場合、「宮崎 ラーメン」で検索した時に、「
検索結果の上位に表示されているのか」、「300位ぐらいに表示されているのか」によって、見ていただける確率が違ってきます。
当然、前者の方が圧倒的に見てもらえます。
300位だと、ほぼ見てもらえないです。
検索サイトの表示ロジックに合わせて対策を施すことによって検索結果の上位に表示させ、より多くの方にサイトに訪問していただけるようにしよう!ということなのです。

SEO対策は、内部と外部の両面にわかれます。

SEO対策には、大きく分けて2つの領域で行われます。
ひとつは、自身のサイトに施す対策。
これをSEO対策の「内部施策」と呼んだりします。
もうひとつは、自身のサイトではなく、他の方のサイトにご協力をお願いして施す対策。
これをSEO対策の「外部施策」と呼んだりします。

SEOの内部施策について

内部施策では、例えばこんなことが行われます。
お店やメニューの写真をたくさん使って、ラーメン屋さんのホームページを作り、お店の紹介文よりも、画像をたくさん並べて、見た目も華やかなものになったとします。
しかし、
Google や Yahoo! などの検索サイトは、「テキスト」でなければ認識してくれませんので、どんなにお店の紹介文を画像ファイルで見た目を綺麗にしたとしても、残念ながら検索サイトは理解してくれません。
また、テキストの文章だったとしても、その中に
「ラーメン」やそれに関するテキストがなければ、こちらも検索サイトはラーメンと関係があるサイトだとは認識してくれません。
そのため、SEO対策の内部施策では、キーワードがしっかりと入ったテキストの文章をサイトの中に丁寧に埋め込むという作業をすることになります。

SEOの外部施策について

SEO対策の外部施策は、簡単に言うと、「他のサイトからリンクしてもらう」という作業になります。
どうしてこのようなことが行われるかといいますと、これは、検索サイトが検索結果表示するロジックに関係します。
検索サイトが検索結果を表示する際、"多くの人にとって有益な情報" というものを検索結果の上位に表示しようとします。
検索サイトを利用する者にとって、その方がありがたいですから。
"多くの人にとって有益" ということをどのようなロジックで実現しているかと言いますと、「他サイトからどのくらい多くリンクされているか」ということです。
これは、学術論文における、「有益な文献は、その分野の論文を書く際に何度も参考にされる」という参考文献の考え方をもとにしていて、「ある情報についてのページが、他のサイトからたくさんリンクされているとすれば、そのページは多くの人にとって重要な情報が掲載されている」ということです。
ちょうど、それぞれのリンクが投票になるようなのもです。
あるブログから、「宮崎のおすすめおラーメン店はここ」という形で、ラーメン店のホームページにリンクが張られていたとすると、1票入ったというイメージ。

他社からのお乗り換え(移管)について

今現在のサーバーを別サーバーへと移転・移管させる「ホームページの引越し」作業は、わりとよくおこなわれる作業です。 この「WEBサイト移管」をするのには様々な理由がございますが、例えば、「より料金の安いサーバーへ移転させたい」、「制作会社と連絡が取れなくなったのでサーバーも移転させなければならない…」、あるいは「契約プランのサーバーがガタが来ているので強制的に移転する必要がある」、等が挙げられます。

サイト移転・ホームページの移行作業にはいくつか準備・段取りが必要になり、一見難しそうに見えるかと思いますが、Zer0がサポートいたします!

サイト移転のおおまかな流れとしては以下のようになります
下記は覚える必要はありません、実際はほとんどの事を弊社で行います
Step1
 新サーバーをレンタル
Step2 新しいサーバーにも同じWEBサイトを作り上げる
Step3 同じメールアドレスを(新しい設定で)追加設定する
Step4 古いサーバーから新しいサーバーへと読込先を変更
Step5 メールを削除、旧サーバー解約

  1. ホーム
  2. >
  3. サービス
制作までの流れ
ホームページのデザインでお悩みの方はお客様のサービスに沿ったデザインを
テンプレートの中からお選びいただきます。
ホームページのデザインにしっかりとしたイメージのある方は
お客様のご希望のデザインを完全オリジナルで作成いたします。

モバイル機種での検索順位が下がる前に
Webサイトのスマホ対応をしましょう!
Googleではレスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

スマホ対応・非対応

Googleでは、「スマートフォン対応」
モバイルフレンドリー基準を満たすことが必要になりました。

Googleで実施された検索アルゴニズム変更、(モバイルフレンドリー)ですが、2017年4月~5月に再度実施されることが推測されています。
Googleモバイルフレンドリーアップデートは、スマートフォンに対応していないホームページの順位を下げる(=対応しているホームページの順位を上げる)アップデートとなります。
順位への影響はモバイルでの検索結果のみで、PCの検索結果には影響がないと言われています。
アップデート対応していないサイトに対してペナルティが課せられることは現時点では無いと考えられます。

Googleモバイルフレンドリーアップデートに関する
重要なポイントとは?

Check1  Googleが定める「スマートフォン対応」基準を満たすことが必要です。
Check2  モバイルフレンドリーテストツール等で合格していれば「基準を満たしている」とみなされます。
Check3  基準を満たしたホームページはアップデートで恩恵を受けます。(満たされない場合悪影響があります)

Googleはレスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

従来のサイト・レスポンシブデザインのサイト

Googleは「ウェブマスター向けモバイルガイド」の内において、「URLが1つで、ユーザーへの情報共有リンクが簡単」「同じコンテンツの維持管理の手間が省ける」といった理由により、レスポンシブウェブデザインによるサイト・コンテンツ作りを推奨しています。
今後、パソコン向け、モバイル向けサイトを作成する場合や、今回のGoogleモバイルフレンドリー対応の際には、レスポンシブウェブデザインは有力な候補となると言えます。

しかし、実際のウェブサイトにおいてはデザイン上の制約や、PCとスマートフォンで利用されるシーンが異なるホームページの場合(たとえばレジャー施設のサイトをPCで見る場合と、スマートフォンで見る場合のニーズは異なります)、レスポンシブウェブデザインが最適ではないケースもよくあります。
そのような場合は、「パソコン向けのウェブサイトとモバイル向けのウェブサイトを別々に用意する」、「同一内容を表示するページは、それぞれに関連付けを行うタグを記述し、Google にページ間の関連性を解釈させる」といった手法を取ると良いでしょう。

SEO対策について

SEOとは、「検索エンジン最適化」と言って検索サイトが検索結果表示するロジックにあわせて、自身のWebサイトを最適化することです。
どうしてそんなことが必要なのかと言いますと、例えば、宮崎県でラーメン店を営んでいる方のホームページを多くの人に見ていただきたい場合、「宮崎 ラーメン」で検索した時に、「検索結果の上位に表示されているのか」、「300位ぐらいに表示されているのか」によって、見ていただける確率が違ってきます。
当然、前者の方が圧倒的に見てもらえます。
300位だと、ほぼ見てもらえないです。
検索サイトの表示ロジックに合わせて対策を施すことによって検索結果の上位に表示させ、より多くの方にサイトに訪問していただけるようにしよう!ということなのです。

SEO対策は、内部と外部の両面にわかれます。

SEO対策には、大きく分けて2つの領域で行われます。
ひとつは、自身のサイトに施す対策。
これをSEO対策の「内部施策」と呼んだりします。
もうひとつは、自身のサイトではなく、他の方のサイトにご協力をお願いして施す対策。
これをSEO対策の「外部施策」と呼んだりします。

SEOの内部施策について

内部施策では、例えばこんなことが行われます。
お店やメニューの写真をたくさん使って、ラーメン屋さんのホームページを作り、お店の紹介文よりも、画像をたくさん並べて、見た目も華やかなものになったとします。
しかし、Google や Yahoo! などの検索サイトは、「テキスト」でなければ認識してくれませんので、どんなにお店の紹介文を画像ファイルで見た目を綺麗にしたとしても、残念ながら検索サイトは理解してくれません。
また、テキストの文章だったとしても、その中に「ラーメン」やそれに関するテキストがなければ、こちらも検索サイトはラーメンと関係があるサイトだとは認識してくれません。
そのため、SEO対策の内部施策では、キーワードがしっかりと入ったテキストの文章をサイトの中に丁寧に埋め込むという作業をすることになります。

SEOの外部施策について

SEO対策の外部施策は、簡単に言うと、「他のサイトからリンクしてもらう」という作業になります。
どうしてこのようなことが行われるかといいますと、これは、検索サイトが検索結果表示するロジックに関係します。
検索サイトが検索結果を表示する際、"多くの人にとって有益な情報" というものを検索結果の上位に表示しようとします。
検索サイトを利用する者にとって、その方がありがたいですから。
"多くの人にとって有益" ということをどのようなロジックで実現しているかと言いますと、「他サイトからどのくらい多くリンクされているか」ということです。
これは、学術論文における、「有益な文献は、その分野の論文を書く際に何度も参考にされる」という参考文献の考え方をもとにしていて、「ある情報についてのページが、他のサイトからたくさんリンクされているとすれば、そのページは多くの人にとって重要な情報が掲載されている」ということです。
ちょうど、それぞれのリンクが投票になるようなのもです。
あるブログから、「宮崎のおすすめおラーメン店はここ」という形で、ラーメン店のホームページにリンクが張られていたとすると、1票入ったというイメージ。

他社からのお乗り換え(移管)について

今現在のサーバーを別サーバーへと移転・移管させる「ホームページの引越し」作業は、わりとよくおこなわれる作業です。
この「WEBサイト移管」をするのには様々な理由がございますが、例えば、「より料金の安いサーバーへ移転させたい」、「制作会社と連絡が取れなくなったのでサーバーも移転させなければならない…」、あるいは「契約プランのサーバーがガタが来ているので強制的に移転する必要がある」、等が挙げられます。

サイト移転・ホームページの移行作業にはいくつか準備・段取りが必要になり、一見難しそうに見えるかと思いますが、Zer0がサポートいたします!

サイト移転のおおまかな流れとしては以下のようになります
下記は覚える必要はありません、実際はほとんどの事を弊社で行います

Step1  新サーバーをレンタル
Step2  新しいサーバーにも同じWEBサイトを作り上げる
Step3  同じメールアドレスを(新しい設定で)追加設定する
Step4  古いサーバーから新しいサーバーへと読込先を変更
Step5  メールを削除、旧サーバー解約